茨城県水戸市の水戸衡器製作所は、はかり・計量器の総合卸販売会社です。

お気軽にお問い合わせ下さい
029-221-4439
受付時間 9:00 - 17:00 [土・日・祝日除く]
MENU

増おもり型分銅

f2ss-10g-1

増おもり型分銅は、吊り下げ式はかりの質量測定の校正に使います。
ズレ防止の段・溝付きで安定感があり、複数積み重ねることが出来ます。

カタログ 寸法図

f2ss-10g-2材質:オーステナイト系非磁性ステンレス
f2ss-10g-3材質:黄銅クロムメッキ

増おもり型分銅受台

f2ss-10g-4

増おもり型分銅専用の受台です。
受台は、単なる金具ではなく受台自体を分銅と同様に扱っております。材質はステンレスです。
最大許容誤差は、M1級になります。

※用途に応じた形状・寸法で特注品も製作可能です。お問合せ下さい。

分銅

関連商品

  • JIS規格への適合により、材質・磁性・表面粗さなど品質が保証されているだけでなく、JCSS登録事業者の校正を受けることによって、JCSS標準分銅にできます。

  • 円盤分銅は、ズレ防止の段・溝付きで安定感があり、複数個積み重ねることができます。
    実用基準・実用標準分銅として分銅を複数個使用して行う、はかりの再現性・直線性・その他校正・調整・検査に最適です。

  • 板状分銅は、板状の500mg~1mgの小質量分銅です。
    ミリグラム単位の精密さを求められるはかりの校正・調整・検査に適します。

  • 腐食耐性、耐摩耗性に優れた大正天びん製作所のステレンス性分銅は、計量法やJIS等の規格に準拠しているだけではなく、国際法定計量機構(OIML)の勧告(R111)にも準拠しています。

  • 枕型分銅は、ひょう量が大きなはかりの校正に適しています。
    把手がついて持ち運びしやすく、積み重ねも簡単に行えます。
    実用基準分銅や実用標準分銅として最適です。